2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

リスクマネージメント

今回は建物災害に対するリスクマネージメントについて。

建物の災害は、火災・落雷・爆発・破裂・風災・雹災・雪災・水災・水漏れ・外部衝突・盗難が考えられます、今回は時節柄水災について。

今回このような災害に直面し、現在住まい造り真っただ中の方、これから考えている方にとって真剣に考えざるをえません。

土地を探している方はハザードマップと土地情報を並べて検討しているでしょう、するとハザードマップで危険ゼロの場所の売り土地の選択肢の少なさ問題に直面します。

建設地をお持ちの方もお持ちの土地のリスクに直面します。

そうなると建設時にそのリスクを無くせないかと考えるのが普通、少しでも建物を高く出来ないか?その方法は

1.地盤を上げる

2.基礎を高くする

の2択、しかし1.では地盤の強度、2.では金額という別のリスクが発生してしまいます。

で1.2.の別のリスクに目を瞑ったとしてもどのくらい上げれば将来にわたって安心なのか?

そこでハザードマップを見ると5メートルや7メートルなんて地域がざらにある、建物を7メートル上げるのか?これは実際非現実的。

現実的なレベルで1メートル上げてお茶を濁すのか、その1メートル上げることによる金額は?その1メートル分の金額をかけて将来本当に安心なのか?

そう考えると建築的に100%リスクマネージメントするのは非現実的な場合が多い。

そこで現段階での結論、中途半端にリスクマネージメントによる仕様を建物に求めるよりも、がっつり火災保険(各種特約も)に入ってしまった方が良いだろう。

有事の際は人命優先で避難して、最悪家ごと流されても保険で家は新しくなる。

そもそも保険ってそういうものだし、基本価格も特約もがっつり入りましょう、特に特約は途中から入れないので注意。

当然オーナー様の、そんなことは100も承知だが何センチ上げたい、等のご相談には乗りますので遠慮なく。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


祝!地鎮祭

横田の家。

良き日に地鎮祭を行いました。

時節柄建物の高さを高くできないかと相談があり、地盤調査結果・高さの法的規制を確認すると+400㎜の基礎設置高さが可能。

早速基礎屋さんと基礎天端の高さを打ち合わせ40㎝ではありますがされど40㎝。

夏完成に向けて工事がスタートします、完成までしばしお待ちを。

さて話は変わりますが災害によってこれから建設する方、建物の地盤は上げた方が良いのか?どうしたらいいのか迷いが生まれている場合もあります、それには考え方の目安がありますのでそれは次回。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


先ずは第一歩

被災したオーナー様宅、やっとすべてのお宅で火災保険の現地調査が終わり保険による実行金額が見えてきました。

やはりというか、仕方ないとも思えるが火災保険には入っているが風災や水災の特約には入っていないケースも多かった、これまで長野は災害には縁が遠いと思っている場合が多く、事実私もどこか他人事のように感じていた、今後は改めた方が良いのだろう。

幸い特約に入っており保険が適応になる場合も保険会社の査定により実行金額も変わる、この金額次第で色んな選択肢がありますので、どこまで直すのか?、程度によってはそもそも直すのか?、立て直した方が良いのか?

ここが見えてこないととりあえず何をしたらいいのかも見えてこない。

濡れた部分を全て撤去して全て新しくするお宅、とりあえず洗浄・消毒してひどい部分のみ取り換えるお宅、小さな家なら建てられる金額が出たが迷っているお宅(一番悩ましい)

ともかくまずはこれで一歩踏み出せそう(ここまでは泥を掻き出し、濡れた家財や家電を搬出し処理をしているだけで一歩踏み出すというレベルではない)

さてそうなると建築業界全てにいえる問題職人不足に直面する、ここからは工務店の出番である、なるべく早く元に戻せるべく東奔西走につきる。


災害時各情報

台風19号における被害も徐々に細部が見え始め、大小はともかく広範囲に及んでいます。

弊社のオーナー様も少なからず被害を受けています、そこで取り急ぎ各情報を網羅します。

厚生労働省「被災した家屋での感染症対策」

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00341.html

水害にあったときに

http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420

保険証券が見当たらないときに

http://www.sonpo.or.jp/efforts/adr/icrcd/

今後は復旧が必須になってくるが、最大の問題は範囲も広すぎもあり職人不足、職人や業者自身も被災している場合もありらちが明かない問題に直面してしまっている、最善を尽くしたい。

 


!!!

この度台風19号で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

弊社も13日明け方この通りでございます。

床下浸水でした、13日.14日と対応に追われましたが15日現在は通常営業しております、電話もメールも通じますのでお困りごとがありましたら連絡ください。

又、火災保険が適応に、なる、ならない、は各契約条件によって違いますが写真だけは撮っておいてください。

取り急ぎご報告まで、床下消毒等情報はのちほど。

 

 


充填断熱工事

前回の外壁付加断熱(壁の外側)の工事が終わると次は壁の充填断熱(壁の室内側)の施工です。

断熱施工前↑は耐震パネルの裏側が見えている状態、そこに↓

断熱材を充填していきます、特に室内側充填断熱材をGW(グラスウール系)にするのは不燃性と木材の収縮への追従性が他の断熱材に比べて圧倒的に優れているから。

断熱材の充填が終わったら気密性能確保・逆転結露防止のためサッシ廻りも含め全面シート貼り↓

コンセント廻りも忘れずに↓

これで壁の室内外、付加+充填断熱は完成、この次は天井断熱、それは次回。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。