2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

パンチングメタル

最近注目している材料のひとつ、パンチングメタル。

主に目隠しとして使用する材料、ステンレスやアルミ製にすれば塗装の心配も要らず、ほぼメンテナンスフリー、風も通し視線も遮ってくれて、大きな間口にも使えるし可動ルーバーよりも安い。

只、そのシャープすぎるフォルムから採用できる建物のデザインが限定される、和テイストの建物にはまず合わないであろう。

現在パンチングメタル採用の建物を提案し打ち合わせしている最中、どのように納まるかはまだ解らないが楽しみな建物になりそうです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


石膏ボード

室内に石膏ボードが貼られるようになると工事も随分進んだように感じてくる。

今や建築工事に無くてはならない品物、大抵の場合壁は12.5㎜品、天井は9.5㎜品、壁紙や左官塗り材の下地として室内に貼る材料、住宅1件で300枚~500枚程度使用します。

中身は石膏なので耐火性能があり湿気も通す室内に使うにはうってつけの材料、欠点はビスなどがきかない、下手にビスを打ってもほぼ抜けてしまう。

最近はそんな石膏ボードに特徴をプラスした商品も出ては来ているが・・・・

ハイクリンボード、石膏ボードにホルムアルデヒド等有害物質を吸着する特性を持たせた商品、吉野石膏もよく売りに来るが最近は自然素材系での家づくりの場合ホルムアルデヒド等有害物質が発生する物が少なくなってきている、又吸着する期間が5年程度と中途半端感が拭えない。

構造用石膏ボード、石膏ボードに耐震性能を求めた商品、筋かいの替わりに使える、のだがイマイチ普及していない、理由は筋かいより値段が高く筋かいより耐震倍率が低いので当然筋かいで良いじゃん、となってしまう。

決して悪口を言っているのではない、費用対効果が優れた材料が生まれればそちらにシフトしていくことでしょう、吉野石膏さんのトライには今後も期待します。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


東京駅

出張の際、何かと拠点になるのが東京駅。

と言っても今まで乗り換えで通過するだけで駅外には出る事はあまりない、が今回は駅舎工事が終わったこともあり駅外に出てみた。

と言うのも先日LIXILとの話の中で東京駅の外壁に使用しているタイルはLIXIL製(旧INAX製)で何やら特別なものなのだと聞いた、どうせなら一度見ておこうと思ったから。

結論から言うとサイズが特別なだけでタイル自体は特段珍しいものではない、メーカーさん相変わらず大袈裟だよ。

しかし東京駅自体は壮観でした、向かい側の新丸ビルあたりから見る駅舎は日本の玄関としては相応しいものでしょう、条例でこの近辺は新規の高いビルは建てられないので景観が乱れることもないでしょう。

地元長野駅も途中になっているスカイデッキ関連の予算が今年は計上されるらしい、詳しい全貌は知らないが長野の玄関に相応しい景観にして欲しいものです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


国産品・輸入品

住宅の建設には数百種類の材料が必要になる、出来る限り国産品を使用する様に心がけてはいる。

省エネルギー住宅に拘ると、その生産過程における運搬エネルギーも相応の%を占めることを知るようになるからである。

船か飛行機で運搬するのだが、一回の運搬で一体どの位の燃料を使っている事やら。

だが出来る限りなのは全ての材料が国産品では賄いきれない部分があるのも又事実、例えば断熱玄関ドアやトリプルガラスの木製サッシ等がドイツあたりでは信じられない安価で手に入る。

環境先進国らしくホームセンターのDIYコーナーでトリプルガラスの木製サッシが普通に1万円くらいで売っているらしい、羨ましい限りである。

国産品のレベルが上がってこないのならば、輸入品の使用も視野に入れなければならないかもしれない。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


防草シート

外回りの整地の際、最近便利に使っているのが防草シート。

表層土や砕石の下に敷けば草が生えづらくなる品物、値段もそんなに高いものではない。

しかし全く草が生えないかというと、ゼロになるとまでは言えない、シートの表層に被せる土等に根が張らない程度の草は生えてくる、が簡単に抜けるので手入れは格段に簡単になる。

芝生にする場所や植栽を植える場所には適さないが一考したい品物である。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


無節

床を保護してある養生を剥ぐと室内は又違った雰囲気になります。

今回、弊社では珍しく無節の杉板なのでより違った感覚がします。

同時にキヌカを塗り始めました、キヌカを塗り込むとより木目が引き立って良い感じです。

弊社はモデルハウス自体節有りの杉板を使用していますので、圧倒的に節有りを使用される方が多いのですが、無節も当然施工しますので参考まで(金額は無節の方が高くなってしまいますが)

因みに三重県吉野杉です(無節・節有り共)

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社