上田の家も外周の付加断熱工事が終わり、大工さんによって外壁杉板が施工され始めました。

久しぶりの桟木止め、正直言って美しい。

それにこの施工最大のメリットは、桟木を留めているビスを抜けば後々その部分だけの交換が出来る点。

しかも材料が杉板なので地球上から杉がなくならない限り、何十年後でも交換修理が出来る。

既製品の外壁材には絶対出来ない芸当である、美しい上に長期メンテナンス性に優れるこのメリットはそこはかとなく大きい。

しかし、杉板等の無垢材の経年変化を、美化、ととらえられずに、経年劣化、と感じてしまう方は少なからずおられるのも事実で、私はそれを否定するつもりもない、重要なのはそれぞれのメリット・デメリットを理解しておくということ。

住宅は資産でもあり同時に負債にもなりえる、メンテナンスの必要時期は必ず訪れるので各部材ごとに承知しておく必要があるだろう。

それはともかく、上田の家、足場が外れるのが今から楽しみである。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。