一条工務店の家にお住まいの方が興味深い探求をされています。↓

【一条工務店】エアコンは冷房・ドライと温度設定で消費電力がどれだけ変わるのか?

実はこの再熱除湿エアコン、偉そうな事を言っている建築家も意味を分かっていない場合が多い、メーカーの担当者は付いていればなんでも良いと思っている。

そもそも多くの建築家はエアコンの機種選定をメーカー任せにしているし、メーカーは安ければ最高なのでどうやって機器を選定するか自体を知らないことが多い。

機器選定をメーカーに任せると10畳の部屋には10畳用のエアコンを付けるのが当たり前だと選定される、建物性能は一切考慮されないので基本オーバースペック、電気代は高くなり機器代も高くなる、喜ぶのはメーカーだけ。

ビルなどの一般建築ではそれも通用するが(最近のZEBではそれも変わりつつある)住宅においてはエアコンの機器選定が快適性と経済性に直結するので、建物を設計した人が機器選定をしないと目的が達成出来ないのです。

この一条工務店のオーナーさんのように自身で全て理解する必要はなく、普段何気なく使っているだけしかし経済的で快適に生活が出来る選定をするのはプロの役目でしょう。

1度付けたら10年以上使うエアコンです少しこだわりましょう。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。