一般ユーザーには関係ないかもしれないが(実は大有り)何年も前から通達され準備を進めてきた省エネ基準義務化が見送られることになりそうだ。

上図のように国は温暖化防止のため住宅も2020年から省エネ基準義務化をすると伝えていた、色々な講習会や業界団体にも呼びかけ、今まで施工したことのない建築関係者にも技術と知識を持ってもらおうと国も動いてはいた・・・・・・のだが。

ここにきて統計を取ると省エネ基準の建物を建てられる技術や知識のない関係者が思いのほか多く、国として、出来ないものは排除する、という政策が取れないため義務化をあきらめざるを得ない、ということらしい。

いやはやなんとも、と言った感じです。

そもそも日本の省エネ基準自体、省エネの世界レベルから見ると低く、ヨーロッパほ当然として中国や韓国よりも全然低い基準なのにそれすら出来ないとは・・・・・日本は技術大国ではないのか?

思うところはありますが、私たちが低燃費の高性能住宅を造って行くことに変わりはないので基準とは関係なく先に進ませていただきます。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。