稲田の家B、基礎完成。

許容応力度計算で耐震等級3を確保する場合、耐震等級2との違いが基礎の構造。

地中梁や地上梁を駆使して床下エアコンの暖気が行き渡る空間も確保しながらなので慣れが必要。

この辺りは床下エアコン+許容応力度計算の耐震等級3を1年中設計している者としての自負もある。

今回も綺麗な基礎が出来ました、この後は大工さんの出番です。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォーム