有り難いことにモデルハウスにご来場されるお客様の中に、私の稚拙なブログを読んでいただいている方もいらっしゃいます。

先週末もそんな話から暖房方法を含めAPFの話題に、蓄熱暖房機のAPFはどの位なの?と聞かれました。

あっそうか、説明不足でしたね、APFはヒートポンプの技術があって始めて成立するもの、蓄熱暖房機や電気ヒーター等は1,000Wの電力を使って1,000Wの暖房しかしてくれません、APFで言えば1.0になります。

やはりこれからの暖房はヒートポンプ抜きで語れなくなると思っています、石油もガスもこの先どうなるか不透明な部分が多すぎますし、APFも6.0クラスになると石油やガスよりも効率は高くなります。

けどそんなヒートポンプも家中に何台も設置したのでは省エネとは言えません、やはり基本的に1件に1台で暖められる家造り、それが必要になると思います。

そんな話が延々と続きます、まあ私がこの手の話が嫌いではないのは当然として、一緒になって話しているご来場される方も嫌いでない方が多く見受けられます。

一緒に色んな話をしましょうお待ちしています。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社