現在、大抵の場合は床下も土間コンクリート打設して耐圧盤の基礎となっている。(希にこの方法を否定している建築家もいる)

そのコンクリートの下には防湿シートが敷いてある事が殆ど、地盤から上がってくる湿気を止める事が目的だが実際どの程度湿気が上がってくるか殆どの方が見た事はないだろう。

この写真は前日に敷いた防湿シート、無数の水滴がついているのがわかると思う。

防湿シートがなければこの水滴は床下のコンクリートを湿らせ、コンクリートから上がってくる湿気が床下から室内に影響を及ぼす事となる。

基礎断熱の場合は重要項目となる、床断熱の場合も床下空間の通気が理想通り出来ているのか甚だ疑問が残るので気にはした方が良いだろう。

地味なシートだが大切な役割を担っているのである。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社