寒さも本格的になってきましたのでフルに暖房も動いていることでしょう。

色々なオーナー様の家に伺いどんな暮らし方をしているか話をすると、結構室温設定が違います。

低い方は18℃、高い方は24℃。

流石に18℃は、低くない?。と話してきましたが、フリース等着衣で調整すればそんなに気にならないとのこと、やはり皆さん気にされているのは燃費。

では設定温度が1℃違うと燃費はどのくらい違うのか、シミュレーションしてみましょう。

ベースとするのは川中島モデルハウス、このお宅はそよ風も搭載されていてひときわ低燃費だが1℃ごとの差という面ではどの住まいも一緒、まずは省エネ基準等でも標準とされる20℃設定、この時が673kw、金額にして16,825円(25円/kw計算)続いて

21℃-787kw-19,675円

22℃-911kw-22,775円

23℃-1,045kw-26,125円

24℃-1,188kw-29,700円

この差をどう感じますか。

個人的には20℃では少し寒い感じがする、逆に24℃のTシャツで過ごせる差額が12,875円、又体感温度は建物の日射や使用材料によっても違いは大きいが単純にこの金額を高いと感じるか安いと感じるかはその人次第。

只、燃費を気にするのは大切なことですが我慢はいけません、差額はこの程度なので快適な温度で快適にお過ごしください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社