国交省で2020年住宅の省エネ基準義務化に向けた検討会が始まりました。

大学の教授や有識者からなる建築分科会のメンバーから様々な意見が出たようです。

現在の基準では全然省エネになっていないのでもっと基準を高くするべきといったレベルの高い意見や、義務化するのであれば現在の基準でも高いといった反対の意見、業界団体からは現行基準ですら対応が難しいので技術の習熟度合いを勘案した対応の必要性を訴えるなど信じられないレベルの意見も出るなど国の制度基準設定の難しさが見受けられます。

これらを見る限りさほど高くない基準で義務化されそうです、これからも義務化とは全く違うレベルのフィールドで低燃費の住まいを提案し続けていくことにこだわります。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社