建築現場の環境について業界内でも話題になる。

内容は多岐にわたるがその中でも女性職人・女性現場監督の定着は大きな問題。

その中でも抵抗あるだろうと思われるのが現場の仮設トイレ。

現時点で当たり前に使われているのが和式便器汲み取り式の仮設トイレ、決して綺麗と言える代物ではない、女性が使うには抵抗アリアリだと思う。

最近は現場に設置するトイレも水栓式で女性専用なんてものもある、これなら抵抗もだいぶ少なくなるのではないか。

しかしこの場合最大の問題が設置とトイレリース使用料、今までの仮設トイレとは比べ物にならない金額が必要となる、この金額は現場経費という名目としてオーナー様から頂く金額の中に含まれることになる。

量的な問題なので全国的に当たり前にこのようなトイレ方式になれば金額も安くなるだろう、鶏が先か卵が先か、悩ましい問題ではある。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブデザイン、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社