川谷の家、気密チェック。

気密テープの貼り忘れはないか、方向は良いか、大工さんもいつものことなので滅多にミスは無いが、そうは言っても人間は完璧ではない、チェックすることは必要。

それよりもこの深い軒(屋根下)は雨の日も作業がし易い、パッシブの基本ともいえる軒の出、しかし今現場のここに見える屋根下の窓は直射日光が入らず日射用窓としては全く役に立たない、が何の役にもたたない窓を付けるはずはない、もったい付けてまだ内緒にしておこう。

気密チェックが済んだら次は防水処理、付加断熱の住まいは外を何層にも囲うのでこの作業には時間がかかる、因みに囲う順番は・ダイライト(耐震パネル)→付加断熱材→気密テープ→防水シート→防水テープ→外壁通気用胴縁→外壁材。

この作業が全て終了したら大工さんは室内間仕切り等の内部造作へと入っていく。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社