次回作、下駒沢の家。

パッシブにこだわったQ1.0ゼロエネルギーハウス、もちろんゼロエネ補助金申請済み。

大きく開口を取った南側とは対照的に、閉じられた西側、通風は北側から確保。

軒の出もパッシブ寸法を確保。

着工は2月、又ひとつ楽しみな工事が始まります。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社