今年度分の住宅のゼロエネルギー化推進事業、公募要領がUPされていたので内容を確認していたところ気になる項目が・・・・・

応募多数で採択に優先順位を付ける場合、今年は施主が確定している場合が優先、次に建物単体での省エネルギー効果が高い住宅を優先する(太陽光発電量は除いたエネルギー削減量)、とあります。

昨年は取り敢えず枠だけ確保するために、予定プランで各社10案件まで申請して後日辞退者多数であったこと、又建物自体の省エネルギー効果は考慮せず太陽光パネルの量を載せたもの勝ちになってしまった、といった昨年の反省を踏まえて今年は優先順位にこの2点を考慮するとのことです。

なるほど国交省もわかっていたのね、そういうことなら今年は全部採択されるかも?

総予算額は20億円、1件165万円の補助額だと単純に1,212案件が採択される事になります。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社