とうとう発表になりました、国産樹脂サッシトリプルガラスのYKK-APW430

トリプルガラス樹脂サッシです、YKKは今まで真空トリプルサッシの発売はしていましたが、真空ガラスが日板の特許製品であったりして高価なこと、ガラス種が断熱用、遮熱用と区別されていなかったりしてすぐに飛びつけなかったのですが、今回のAPW430は一般トリプルガラス、ダブルLow-e、ダブルガス封入、遮熱ガラス・断熱ガラスの選択可、断熱スペーサー仕様、U値0.91W、とすぐにでも採用できる商品として登場してくれました。

選択肢としては輸入品に同程度の品物もありますが、実物を見るとやはり日本製よりは無駄にゴツかったり、開閉部品が信頼おけなかったり、アフターサービスの話が遠かったりして使いづらいのです。

今までこの国産樹脂トリプルサッシはエクセルシャノンの独壇場だったので価格調整もしやすくなることでしょう。

発売は4月予定、詳細な価格は3月にはっきりするとのこと、期待して待ちます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社