建築家の仕事とは?

建築士の資格を取れば全員が設計士として仕事ができる、しかし資格を取っただけではまだまだ使い物にならないことは医師や調理師と同じ、個人的には資格を取っただけの状態を【設計士】、経験を積んで一人で全てをこなせるようになってからを【建築家】、と呼ぶようにしている。

住宅のプランニングをするのは設計士や建築家だけだと思っている方が多いが、実際メーカー系やローコスト系では資格のない営業マンがプランを描いてお客さんと打ち合わせをしているケースは多々ある、いやはやとは感じるが違法ではない、最終的に資格のある人のチェックを受ければ家にはなる。

今日はそんなレベルの低い話ではなく建築家とはどうあるべきかの個人的意見。

結論から言うと建築家とはクライアントの要望と自身の理想を重ね合わせ、予算・敷地条件(日射・日陰・眺望等)を勘案して提案したプランニングが一発OK、このままでお願いします、と言われるのが究極の形。

とはいってもすべての提案がそのようになっている建築家は存在はしないと思う(私が知る限りなので、もしかしたら世界のどこかにはいるのかもしれない)

しかしそこを目指してプランニングすることは重要、ここをないがしろにして自身の力不足を露呈するかのように、まあこんなもんでいいか?、と提案している建築家は多々存在する。

又よく見かけるのがカタログを何冊か渡して、好きなもの選んで、というパターン、これって、自分で選んだんだから自己責任で結果ちぐはぐでもしょうがないでしょ、と言っているようなもの。

私もふすま紙カタログは渡すことはあるが、決めてもらうというよりこれだけの種類があるということを確認してもらう意味合いが強い。

建築家の仕事は8割方ファーストプランにあるといっても過言ではないし、必然的に多くを望まれる立場だということを忘れないようにしたい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブデザイン、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社