近畿大学の岩前教授や慶応義塾大学の伊香賀教授が、建物の性能と健康には関係があると数年前から研究され、経年調査をへてそれが証明され始めた。

性能が高いほど各項目が確実に改善されているという事実、同時に言われていたのが性能の高い家はどこも暖かいので家の中で動きが多くなる、寒いとコタツに入って動くのがおっくうになる、この違いは大きい。

さらにショッキングだったのはヒートショックの隠れた数値。

一般にヒートショックでなくなる方は年間1万5千人と言われている、それ自体も交通事故死者の3倍程度だが、ヒートショックで亡くならないまでも循環器や脳に何らかのダメージを受けてしまう数を入れると年間12万人になるとのこと。

兎にも角にも家の中から寒い場所をなくすこと、トイレも脱衣も暖かく家に寒い場所を無くすことが何よりの健康法なのだろう。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市・及びその周辺の低燃費住宅専門・山本建設株式会社、
自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、断熱改修リフォーム