最近の屋根には隙間があるって知ってましたか?

屋根って雨を防ぐために隙間や穴は無いものなのですが、最近の屋根にはこの様な隙間を作ります、当然この上に雨が入らないように細工をして蓋をかぶせます。

この隙間の役割は建物の中の熱気や湿気を排出するための重要な役割を担っています。

完成してしまえばこの隙間があるかはわからないので、必ずこの写真は撮るようにしています。

同じ隙間が壁にも作られます、これも完成してしまうとあるのかどうかはわからなくなります。

最近は当たり前になったこの通気工法、久しぶりにこの通気を施工していない現場を目撃してしまいました、専門的には通気工法を採用しない施工方法もあります、しかしその場合には通気工法と同等の湿気・熱気の排出方策を必要とするため詳しい人が見れば一目瞭然、何とその現場は単純な未施工、実際施工者の中には通気工法自体知らない人もいるので故意か無知かは知りませんが、珍しいものを見てしまった感じです。

オーナー様もそんな点は知らない方も多いでしょう、施工者のモラルが問われるところです

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社。