住宅は断熱化を図るほど外部(風・光・暖かさ・涼しさ)との係わりが少なくなるという認識をもたれている方も多いでしょう。

しかし、実はそうではなく、進歩した断熱技術(開口部の高性能化・躯体の高性能化など)と夏期や中間期の通風・日射遮蔽技術を上手に組み合わせることで、室内に自然の「心地よさ」を最大限に取り込み、一方、冬や夏の厳しい一時期は冷暖房設備によって快適な室内環境を確保することが可能となってきます。

住宅の断熱化は、むしろ、「外界との係わり」を高め、様々な生活様式に対応する住まいづくりの基盤技術といえるのです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社