横田の家。

外壁の仕上げが終了いたしました。

今回も色・仕上げ共に満足できる仕上げです。

これには塗装屋さんの技術が大きく反映されます。

一般的に、塗装屋さんであれば一定の技術を持っていてその道のプロなのだからだれが施工しても一定のレベルは保てるのではないか、と思うと思います。

実は大間違い、ちょっとした塗り厚とか仕上げスプレーやローラー・ハケの動かし方、すべてが仕上げに直結してきます。

個人的にはその違いは単価に現れると思っています。

例えば写真の弾性リシン普段¥1,600/㎡で施工してもらっていますが、世の中には¥1,000~¥1,200/㎡程度で施工している塗装屋さんもいます、私も過去職時経験がありますが¥1,600の仕上げと¥1,100の仕上げが同じわけはないのです。(施工厚が薄かったり、雑だったり、最悪の場合工程が不足していることも)

しかし塗装屋さんにも言い分があります、メーカー工務店からその単価で施工しろと言われるのでどうしようもない。

塗装屋さんも生活があります、¥1,100の発注で¥1,600の内容には出来ないのです。

たまたま塗装仕上げを例にしましたがこのことは家づくり全般に共通します、安さには理由があります、しかし高ければ全てOKというわけではない、難しい判断ではありますがこのバランスを取るのがプロの経験と知識だと思います。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。