住宅の断熱方法で床から下を断熱する場合、床材のすぐ下に断熱材を入れる床断熱と、基礎の廻りに断熱材を入れる基礎断熱のどちらかの方法になる。

どちらの方法もメリット・デメリットがあるので、どちらにするかは設計時の断熱や暖房方法の考え方次第なのだが、一ついえるのは基礎断熱が良さそうだからと付け焼き刃で手を出さない方が良い。

最近のこと、詳細は名誉の為伏せるが明らかに間違った施工方法をしている基礎断熱の現場を見かけた、知らずに施工しているのか、知っていても単価の都合なのかはわからないが怖さ満点であることは確か。

施工方法は難しくなるし、収まりも面倒くさくなるので、こだわらない場合は床断熱にしておくのが賢明でしょう。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社