パッシブハウスも良く聞くようになってきました。

パッシブハウスは各社色んな要素を取り入れ、様々な内容になっているので一概には解りづらいかもしれませんが、パッシブ自体は受け身のエコ要素、特別な設備をするのではなく自然をいかに利用して省エネにするか、ということになる。

具体的には、太陽光と風、この二つをどのように利用するか、そこに尽きます。

冬は太陽光をいかに導入するか、夏はどうやって遮るか、家の中を風は抜けるのか。

そこに各社が、せっかく暖まった熱を逃がさないように断熱をしよう、とか、室内温度差を利用して室内空気を動かそう、とかの仕様を含めてパッシブハウスと呼んでいます。

電気(エネルギー)をコントロールしようとするスマートハウスとパッシブハウスは根本的に違うものなのです。

今後は根本的にエネルギーの使う量を減らそうとするパッシブとエネルギーの生産・使用のコントロールをするスマートの融合が始まると思われます。

減らす・創る・貯める・制御する、がキーワードになるでしょう。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社