業界紙に太陽光発電システム価格の推移が載っていた。

毎年パネルの金額が安くなっていることは感じていた、この様にグラフにするとより一層実感する。

設置仕始めの頃は62万円/KW!、4KW載せると248万円!!!、そういわれてみると確かに当時はそのくらいだった事を思い出す。

どこまで安くなるのかは私には解らないが、価格と共に今後は長期保証が各メーカーキーワードになってくるだろう。

先日とあるメーカーから、今までの10年保証から有料で15年保証に出来ますよ、と案内が来た、一見当たり前の内容に思えるがふと疑問が、同じシステムを設置してお金を出した人だけ5年延長保証?聞いてみるとシステムに何ら変化があるわけではなく保険料らしい、団体信用保険みたいなものか。

ソーラーパネルって実はヨーロッパでは25年保証が主流、同じ品物が日本では10年保証で売られていたりする、今後の課題であろう。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社