今年度のグリーン化事業もだいぶ見えてきました。

補助金というものが存在し、利用可能なものであるならなるべくもらった方が良いだろう、というスタンスでいるので今年度も枠がもらえる限り活用しようと思っています。

が今年度は何か違う、審査も厳しそう、時間もかかっている、関西の方での補助金不正詐欺が影響を与えて審査側も慎重になっているなんて話も聞こえてくる。

補助金の類は基本的に性善説にのっとって運用されているが、あんなことがあれば審査側も慎重にならざるを得ないであろう、こちらとしてはえらい迷惑。

何とか昨年からお待ちいただいていた分は確保できそうである、直前に申し込んだ方はすみません。

来年度の補助金も概算要求が出され国会を通れば来年も補助金は出そうである。

これから着工で補助金を使いたい方は来年分か、これから出るかもしれない補正予算分をお待ちください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブデザイン、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社