そろそろ冷房が活躍する季節が来ます。

エアコンを稼働させる時、冷房運転、よりも、除湿運転、の方が電気使用量が少ないと思っている方が多いようです。(意外に建築関係者でそう思っている方も多い)

結論からいうと間違いです。

最近のエアコンは再熱除湿という方式によって除湿されます。

そもそも冷房運転も除湿運転もエアコン自体がやることは一緒で、室温を下げることにより発生した結露水を屋外に排出する事で、室温を下げると同時に除湿も行います。

しかしそれでは室温が下がってしまうので、再熱除湿は一度冷却して除湿した空気を再び暖めた後に室内に送り室温が低下しないように運転させます。

この様に再び暖めるため冷房運転よりも余分に電気を使用するので除湿運転の方が電気使用量が多くなります。

正解は、可能な限り高い設定温度(この温度は人によって違う、一般的には28℃といわれている)で冷房運転を行う、これが一番省エネとなります。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社