エアコンの暖房性能向上によってエアコンで暖房する方がが増えているようです、それに伴い

「エアコン暖房は乾燥するよね~。」

と聞くことが多くなってきました、これって間違いではないが100点でもない。

正解は

「水分を発生しない暖房器具で暖房すると乾燥するよね~。」

この理屈を正確に理解するには、相対湿度・絶対湿度を理解しなければならないがそんなことは普通知らなくても良い(知りたい場合は、湿り空気線図、を検索)

空気は温められると保有できる水分が多くなるので相対的に湿度は低くなる。

水分を発生しない暖房期(エアコン・電気ストーブ・セラミックファンヒーター・ハロゲンヒーター・etc)どれで暖房しても室内湿度は下がる方向に向かいます。

水分を発生する暖房機(石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスストーブ・etc)は暖房と共に水分も吹き出しているので室内湿度は下がらない、最強水分量なのが開放型やダルマ石油ストーブの上にヤカン、石油を燃やし水分をまき散らし、燃やした熱でヤカンの水を蒸発させ室内に水分をまき散らす、どうりで実家はサッシのガラス一面に結露しているはずである(当時の山本少年はそんな理屈は知るはずもなく、冬はガラスに指で絵が描けるものだと思っていた)

なので乾燥の犯人がエアコンになってしまっている(一部外部水分を室内放出させるエアコンもあるが・・・・これは別の機会にでも)が暖房効率で見るとエアコンに敵うものはない、高効率のエアコンで暖房をして湿度調整は別の方法で考えるのが現段階での正解であろう。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。