先日のゼロエネルギー化推進補助金が国交省管轄、同じ様で少し違う補助金がネットゼロエネルギーハウス補助金、こちらは経産省管轄。

一番の違いは補助金額、ネットゼロは最大350万円の補助!だったら誰しもこちらの補助を受けた方が得に思えるが実は違ったりする。

ネットゼロの場合は認定機関が認めた先進自然エネルギーシステム(例えばジオパワーシステム等)を導入してゼロエネルギーを達成する必要があるので補助金額が大きくなる。

それはわかるとして使いづらい最大の理由が補助対象範囲の1/2規定、断熱化や先進技術空調が対象となり太陽光や蓄電池は補助対象外なので、断熱や先進技術に700万円かかるシステムでないと350万円の補助金額にはならない。

700万円もかかる先進システムは生憎だが持ち合わせていないし、どちらの補助金も太陽光発電は載せてゼロエネルギーは達成しなければならない、ゴールが一緒ならなるべく余計な予算はかけない方が親切だと思う、てな訳でネットゼロは採択受けないことにします。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社