消費税増税後、住宅建設消費落ち込みに対して自公の合意事項としてこの様な案が出てきている。

細かい制約はあるがざっくり言うと、8%になったら30万円現金給付、10%になったら50万円現金給付。

例えば3000万円の建物の場合、消費税5%から8%への増額は90万円、そのうち30万円が現金で返ってくる、となる。

まあまあの金額と捉えるか、全然駄目じゃん、と捉えるかの判断は各自異なると思う、しかし私達が捉えるそれ以上に駄目なのが、だからといって焦って計画を進めること、増税の差額のため焦って家づくりをし、そんな差額では埋めきれないほどの後悔をする事も充分にあり得る話。

普通の人はどう考えたって一生の内最大の買い物になるであろう住宅、特に土地付きなどの場合は焦らす傾向にあるが一度ゆっくり考えることもお薦めです。

そもそもの話、消費税増税も実はまだ決定しているわけではなく、案、なのです。(多分決定してしまうのでしょうけど)

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社