木造在来工法の耐震性能や断熱性能を高める工法として色々な工法が存在しています。

WB工法・FP工法・ソーラーサーキット工法・その他多数。

各々よく考えられていて理にかなった工法なのだと思います。

過去に一通り工法加入の連絡を頂き、説明も受けてある一定の基準をクリアしていることは確認しています。

しかしどの工法も加入するには至りませんでした、最大の理由は柔軟性や自由度に難点があったから。

ある一定の基準をクリアする建て方をするには都合が良く簡単なのですが、いざ基準を大幅に上回る性能を求めたとき、工法の規定を外れてしまい施工しずらくなってしまうのです。

現在の一般的な基準をクリアしただけでは大して快適にならないことを知ってしまっている者として、基準をクリアするためだけの工法には触手が動きませんでした。

耐震性能や断熱性能は材料性能の変化や施工方法が向上していくので、柔軟性や設計の自由度が求められます、そう考えると現在は新住協の工法フリーの考え方が一番しっくりくると感じます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社