2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

耐震等級の計算

せっかく住まいを造るのなら耐震等級3にしておきましょう、に異論を唱える方は少ないとは思います。

では何を計算すると耐震等級がわかるのか、現在木造住宅の耐震構造を計算する方法は3種類あります。

①仕様規定・建築確認申請をする際に必ず確認する規定、壁や筋交い・金物の量を計算します、この計算で耐震等級2以上は取れません。

②性能表示計算・壁量や部材・基礎の構造・地盤の強さを簡易計算で確認します、この計算で耐震等級2と3は取れます、が・・・・計算してみると、簡易計算なので色々な個所で不安が・・・・、この計算をした場合の計算書です↓

③構造計算(許容応力度計算)・壁量・構造部材・屋根荷重・基礎・地盤、全てにおいて詳細に計算します、当然耐震等級2も3も取れます、この方法で計算した場合の構造計算書は↓(上と同じ建物です)

650ページになります。

これだけ見てもわかるように650ページと15ページの計算が同じ内容になるはずもなく、基礎の構造・壁量の数、位置は全く違うものになります。

ですが②で計算した耐震等級3も③で計算した耐震等級3も同じ耐震等級3として扱われています、このことは多くの方はご存じないと思われます。

耐震等級3だから大丈夫、ではなくその計算方法を聞き、理解しておきましょう。

業界誌で熊本地震の際、耐震等級3なのに被害が大きかったケースはこの計算方法の違いによるものだと解説されていました。

業界的にもまだ一般的にはなっていませんが、どうせ計算するなら許容応力度計算をして耐震等級3を確保する事をお勧めします。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


地盤調査-表面波探査法

今日は地盤調査の立ち会い。

今年になってから地盤調査は全て、表面波探査方法で調査することにしている。

一般的にはSS(スウェーデンサウンディング)方式が主流ではある、SS方式は鉄棒を土の中にねじ込んでそのスピードを見ることで地盤の強度を調べる調査方法、安くて手軽な方法なのだが、アナログであるが故検査員の経験や知識によって結果にばらつきが見られることがある。

表面波探査法は起振機(写真の炊飯器みたいな箱)で土中に振動を起こし、その波を赤と青の検出器から出るデーターをパソコンで読み取り解析する、地下の状況が数値で表れるのでより詳細な地盤改良計画が立てられる。

詳細な結果は1週間後に送られてくる、改良が必要な場合はどの改良方法が最適かの打ち合わせをする事となる、地盤によっては馬鹿にならない改良費用がかかるのでご計画中の方はご注意下さい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


耐震性能

制震ダンパーは人気が少なくても、耐震性能に興味のある方は多い。

昨日もモデルハウスで建物の耐震性能の話になりました、「うちは地震に弱い建物です、なんて言う人がいるわけない、どうやって見極めたら良いのだろう?」

全くですね、そんな事いう会社は無いわけでして、現在耐震性能をあらわす全国規格は耐震等級になります、断熱性能などはQ値やμ値等、数値で表す基準がありますが、耐震性能は今のところ3段階の中でこのランクにあてはまる建物です、と地震に対する強さの基準として表示します。

耐震等級は1~3、等級1は日本中の住宅が必ず満たさなければならない基準、等級2は1より25%丈夫にした建物、等級3は2より25%丈夫にした建物、となります。

単純に考えると、全部等級3にしてしまえばいいのに、と思う方もいると思いますが、当然1より3の方がコストもかかりますし、プラン上でも制限が出てくる場合がありますので全ての建物が等級3に適合できないのも事実です。

でも打ち合わせ当初から等級3を視野に入れておけば、そこを基準にプランニングを考えていきますので、耐震性能を何よりも優先する場合は当初からその旨をハッキリ設計者にお伝えすることをお薦めします。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社