2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

G・W

ゴールデンウィーク皆さんいかがお過ごしでしたか?私は4日・5日・6日の三日間休みを頂いて毎年恒例の農業に勤しんでいました。

田植え用の稲を成長させる為に、種が植わっているパレットを土の上に並べていきます、その数3,000枚。

お陰で毎年G・W明けは筋肉痛と戦いながら早速本日も配筋検査や造作打ち合わせに行ってきます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


パルセイロスタジアム

ACナガノパルセイロのホームスタジアムがオリンピックスタジアム隣に建設中です。(因みに弊社は建設には携わっていません)

来年の2月に完成予定。

完成パースを見ましたがヘタなJ1チームのスタジアムより凄いです、これは何が何でもJ1に上がらなければ(何年後かはともかく)

昨年はJFLで優勝したものの、スタジアム等の環境が整っていなかったためにJ2に昇格できなかったパルセイロ。

ともかくこれで環境は整いました、あとは観客動員数と成績、娘もホームゲームはなるべく行く、と宣言していますので時間が許す限り私も同行します。

なるべく早くこのスタジアムでガンバやアントラーズと戦うのを見てみたいなー。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


CO2と温暖化

昨日打ち合わせ帰りの車中、ビートたけしのTVタックルで教授のような人(違っていたらすみません)が、CO2は温暖化の原因になっていない、と力説していた。

CO2削減民生・住宅部門の従事者なので興味があり聞き耳を立ててみると、それっぽいことを説明している、それに対して石原環境大臣とお天気キャスターがそれに反論すると言ったよくある番組なのだが、実際本当の真実はわからない、現在はCO2が温暖化の犯人としてまかり通っているが相手が地球なだけに現在の通説が本当に真実なのかはわからない。

そういえば他の番組で武田教授が、局地の氷が溶けても海面上昇するわけが無い、と力説していたがそれの真実も私にはわかりかねる。

しかしそんな人たちも意見が一致していたのはCO2削減云々の理由では無く、エネルギーの大量消費は止めた方が良いと意見は一致していた。

日本でどんなに頑張ろうが地球規模では効果が薄いとの意見もあるが、気持ちとして大量消費を今後も続けていくのは違う気がするのも事実、景気と環境は政治にも関わるマクロな話になるが、ミクロの個人で可能な部分は小さいが意識していこうと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


師走

早いものでもう師走、今年も残り20日程度となった。

昔と違って最近は年末引き渡しや引っ越しが少なくなり(正確には少なくしている)段取り的にも師走だからと言って、特別な手配をすることもなくなり落ち着いて新年を迎えることが出来そう。

年始は新居で迎えたいのが人情だとは思うが、世間中で同じ進行状況の現場があった場合、特に年末などは職人の奪い合いとなり、良い仕事、よりも、早く仕上げる仕事、を優先しがちなのでその状態を避けるべく、年末引き渡しは避ける様に段取りをしている。

そうでなくても今年は消費税の影響なのか年末以外も職人が不足気味、この状態は来年の春まで続くであろう、現在の所は工期に影響を及ぼすまでには至ってはいないが、今後影響が出る様なら無理矢理工期に詰め込むよりも、状態を理解して頂き工期の延長を選択した方が得策なのかもしれない(今のところは心配はいりません)

それにしても過ぎた一年は早い。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


エコハウスのデータ③

家庭で消費されるエネルギーの分布。

暖房・給湯・照明家電でほぼ1/3ずつの分布となります。

因みにこれは日本独特のデータで、他国は給湯と厨房が同じくらいの消費、これは日本独特の、お風呂でお湯につかる、という生活スタイルから来るものです。

これを基に現在の技術で対応すると、照明器具はLED、給湯器はエコジョーズに太陽熱温水器の複合かエコキュート、暖房は高効率ヒートポンプを最小限設置(基本的に1台)にするだけで消費エネルギーは簡単に従来の1/3程度に減らすことが出来ます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


何だか解せないが・・・・・

某邸ボイラー保守メンテナンスの請求書。

13年前設置の全館冷暖房換気システム、暖房は石油ボイラー(設置当時は石油40円/㍑だった)で各部屋にダクトで温風を送るタイプ。

今回は不凍液不足のエラーが出たのでメーカーサービスに依頼してメンテナンスをしてもらった。

解せないのは技術料¥50,000、作業時間約90分、どうしても納得できない単価、大工さんだって1日の単価¥20,000、メーカーの担当者に早速電話してみる

「専門の知識を持った技術者が内部までばらして組み直すのでどうしてもその程度はかかります」とのこと。

90分で¥50,000って……..人間国宝の彫刻や大臣表彰の建具だってそこまでの単価はしない、穿った見方をすると、製品価格は競争にさらされ大して儲からない、メンテナンスは他社では出来ないから多めに請求しろ(妄想)のようなメーカー側の思惑に思えてしまう。

まあ愚痴を言ったところで値引きをしてくれるわけでは無いが、何だか解せない。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社