国分の家、配筋検査に続いてコンクリート打設です。

手前味噌ではありますが、配筋検査の際検査員に配筋と断熱材の施工について褒められます。

特に断熱材の施工、あまり基礎に断熱材を入れている現場が少ないうえに、断熱材を入れてあっても綺麗に入っていないのだそう。

まあ、弊社としては7年前から断熱材を入れてるので当然と言えば当然の事ではある。

普段標準的に施工していない場合は綺麗に入っていないのも当然のこと、餅は餅屋なのだ。

プロだからと言って全ての仕様を満遍なく正確に熟せるわけではない。

年間通して同じような仕様にしているのは施工性も大きな理由の一つ、もう一つは価格、こなれてくると価格も安くなるというメリットもある。

ともあれ、国分の家、の基礎も綺麗に仕上がりそうである。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。