太陽光パネルにも固定資産税と源泉税が掛かるんだね、何KWならどうなるの?オーナー様から太陽光パネルの注文を頂きました(笑)、話は変わって税金といえば忘れられない事があります。

私自身、昔は企業として支払う税金は少なければ少ないほど可、もっと言えば色んな手法を駆使して払わなければ払わないだけ財テクなのだと思っていました。

しかしある人と話をして考え方が一変します、その人は紳士服アオキ等のAOKIホールディングス社長青木さん(現会長)、彼は篠ノ井の出身で今でも年に数回長野に来ては会合に参加してくれます、その時に、極論として企業は税金を払うために存在していると言っても過言ではない、個人の給与とは違い赤字を計上したり抜け道を使えば納税額を低くすることは可能だが、そんなことはせずに正々堂々と正直に納税する、それこそが日本を長野を支える行為として胸を張れる企業になり得るのだと思う、でも税金の使い方に納得できないこともあるけどなハハハハ(笑)。(言葉や単語は正確ではないかもしれないが大体こんな事を言われた)

その内容が妙に胸に落ちて、それから全然規模は違うが一度も赤字決算を出すことなく(最悪私の給料を調整した年はありましたが)きっちり納税させてもらっています、正直弊社規模の納税額では何かが変わるわけでは無いと思うが、社会に対する存在意義を感じられ、誰にと言うことではないが胸を張れるような企業でありたいと思います。

中小企業の中には未だに赤字になるように調整したり、小細工をしたりしてその事を武勇伝のように話している方もいます、昔ならどんな方法があるかと食いついていたかもしれません、きれい事に感じる方もいるでしょう、きれい事でも良い、胸を張って誰にも恥じることなく仕事が出来るならと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社