エアコンを購入する時、値段で決めていませんか?

ホームセンターや量販店で4万円~5万円程度でもエアコンは売られています。

このレベルのエアコンは、安物買いの銭失い、以外の何者でもありません。

電気を食うだけでちっとも涼しく・又は暖かくなりゃしない。

エアコンは性能をみて選びましょう。

まずは大きさ、この写真は2.2KWというカタログ上では6畳用と謳われていますが、これは一般的な木造住宅を対象としているので、本当に適した大きさは建物性能によって違います、Q1.0クラスになると家中2.2KW1台で冷房できますので、まずは建物性能を知りましょう。

エアコンの大きさが決まったら次はCOPを計算しましょう。

最近のカタログには省エネ基準達成率とか通年エネルギー消費効率(APF)の表記があります、この数値で比べても良いが正直ピンと来ない。

COPは電力1に対して何倍のエネルギーが発生されるのかがわかる数値。

上表のエアコンの場合、冷房能力が2.2KW(計算しやすいように消費電力と単位を合わせると2200W)、消費電力が380Wなので

2200÷380=5.78

このエアコンは冷房COPが5.78。

この5.78とは電気使用量1に対して冷房時5.78倍のエネルギーを発生させることが出来る(同じ事を暖房で計算すると5.95)ことを意味します、この数値を色んなエアコンで比べてみてください、結構な違いがあることがわかります。

因みに電気ストーブや蓄熱暖房機は電気使用量1に対して発生するエネルギーも1なので使ってはいけない暖房機だということが理解できます。

エアコンには最近、設計上の標準使用期間10年、とありますが平均15年程度は使えるでしょう、一度設置すれば長年使用する機械なので可能な限り性能の高い機種を選定してください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社