2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

災害時各情報

台風19号における被害も徐々に細部が見え始め、大小はともかく広範囲に及んでいます。

弊社のオーナー様も少なからず被害を受けています、そこで取り急ぎ各情報を網羅します。

厚生労働省「被災した家屋での感染症対策」

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00341.html

水害にあったときに

http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420

保険証券が見当たらないときに

http://www.sonpo.or.jp/efforts/adr/icrcd/

今後は復旧が必須になってくるが、最大の問題は範囲も広すぎもあり職人不足、職人や業者自身も被災している場合もありらちが明かない問題に直面してしまっている、最善を尽くしたい。

 


!!!

この度台風19号で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

弊社も13日明け方この通りでございます。

床下浸水でした、13日.14日と対応に追われましたが15日現在は通常営業しております、電話もメールも通じますのでお困りごとがありましたら連絡ください。

又、火災保険が適応に、なる、ならない、は各契約条件によって違いますが写真だけは撮っておいてください。

取り急ぎご報告まで、床下消毒等情報はのちほど。

 

 


充填断熱工事

前回の外壁付加断熱(壁の外側)の工事が終わると次は壁の充填断熱(壁の室内側)の施工です。

断熱施工前↑は耐震パネルの裏側が見えている状態、そこに↓

断熱材を充填していきます、特に室内側充填断熱材をGW(グラスウール系)にするのは不燃性と木材の収縮への追従性が他の断熱材に比べて圧倒的に優れているから。

断熱材の充填が終わったら気密性能確保・逆転結露防止のためサッシ廻りも含め全面シート貼り↓

コンセント廻りも忘れずに↓

これで壁の室内外、付加+充填断熱は完成、この次は天井断熱、それは次回。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
ちょっとかっこ良くてエコで低燃費な家しかも耐震等級3で強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。