2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

パッシブデザイン?パッシブハウス?

最近は、パッシブ、という単語を色んな場所で目にするようになりました。

それに伴い、パッシブ、を勘違いしている使い方も見かけますので改めて解説します。

パッシブは、受動的な、という意味がありますが一般的に使われているのが、パッシブデザイン、と、パッシブハウス、この二つの単語を良く見かけます、似たような単語ですが意味は違います。

パッシブデザインは、受動的な、が意味するように自然の要素を取り入れて設計するもの、パッシブ設計とも言います、冬は日射を入れる、夏は日射を遮る、風を通す、自然光で明るくする、といったこと(機械的な物を使わない)を設計に取り入れエネルギーを少なく快適に暮らすことを目指したことの総称がパッシブデザイン。

一方、パッシブハウスは、ドイツのパッシブハウス研究所が規定し専門のPHPPソフトにて算出した性能数値が

①冷暖房負荷が各15kwh/㎡以下

②一次エネルギー消費量(家電も含む)120kwh/㎡以下

気密性能として50㎩の加圧時の漏気回数0.6回以下

の基準を満たし、かつその認定を受けた建物がパッシブハウスと呼べる建物になります、最近日本のパッシブハウスジャパンがこの認定機関として認められました。

詳しくは↑リンクから。

正直パッシブハウスの基準は相当高いです、私の普段の仕様ではクリアしません、もう1~2段レベルを上げる必要があります、最終的には費用対効果でしょうか、そんな厳しい基準なのに普通の省エネ住宅を、パッシブハウス、と謳っていることがあります、そこまで深く考えずに高断熱住宅をパッシブハウスと呼んでいるのかもしれませんが、正確には厳密な基準がある事を知っておいても良いでしょう。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


平屋

風間の家。

屋根も葺き終わり断熱工事の真っ最中。

平屋の最大の特徴で屋根が広い、この屋根一杯に太陽光パネルが載る予定。

平屋は一定の支持があり人気ではあるが、最大のポイントに建築費が高くなることは避けられない、理由はご存知の方も多いと思うがこの大きな屋根と基礎。

床面積=屋根面積・基礎面積となるのが理由、総2階建てなら床面積の半分が屋根面積・基礎面積となる、屋根・基礎という比較的費用の掛かる部分が2倍になってしまう。

しかしそれでも魅力があり、それ以上の価値を感じる方も多いので平屋の需要は多い。

費用対効果にて価値を感じることが出来ればご検討ください。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


省エネ基準義務化見送り

一般ユーザーには関係ないかもしれないが(実は大有り)何年も前から通達され準備を進めてきた省エネ基準義務化が見送られることになりそうだ。

上図のように国は温暖化防止のため住宅も2020年から省エネ基準義務化をすると伝えていた、色々な講習会や業界団体にも呼びかけ、今まで施工したことのない建築関係者にも技術と知識を持ってもらおうと国も動いてはいた・・・・・・のだが。

ここにきて統計を取ると省エネ基準の建物を建てられる技術や知識のない関係者が思いのほか多く、国として、出来ないものは排除する、という政策が取れないため義務化をあきらめざるを得ない、ということらしい。

いやはやなんとも、と言った感じです。

そもそも日本の省エネ基準自体、省エネの世界レベルから見ると低く、ヨーロッパほ当然として中国や韓国よりも全然低い基準なのにそれすら出来ないとは・・・・・日本は技術大国ではないのか?

思うところはありますが、私たちが低燃費の高性能住宅を造って行くことに変わりはないので基準とは関係なく先に進ませていただきます。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。

 


左官工事

国分の家、左官工事が始まります。

通気胴縁の上に通気ラスを貼り、全周通気を確保し外壁の左官を仕上げていきます。

通気ラスを貼ると建物の形がより現実味をおびてきます。

最近は外壁下に通気の無い工法も良く見るようになりました、理論上成立するのは理解できますが、個人的にはこの、理論上、がどうしても消化できない場合があります。

理論が、確かにその通りだよな、と思える場合と、無理やり過ぎないか?と心配が消えない場合があります、通気はまさに後者。

通気層は室内の、湿気排出、外壁日射熱の排出、2次防水、いくつかの役割を兼ねています、どれをとっても欠かせない役割、快適さと建物寿命に直結します。

通気層自体無いほうが現場での仕事量は減ります、結果建物価格は安くはなるでしょう、理論で証明できるので採用されるのは理解はできるのですが、本当に理論通りに水分は動いているのか、熱は伝わっているのか、水蒸気は排出出来ているのか心配は消えません、小心者なので採用にするに至りません。

結果が出るのは20年~30年後になるでしょう、取りあえず30年実績のある通気工法で施工します。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。


再熱除湿

一条工務店の家にお住まいの方が興味深い探求をされています。↓

【一条工務店】エアコンは冷房・ドライと温度設定で消費電力がどれだけ変わるのか?

実はこの再熱除湿エアコン、偉そうな事を言っている建築家も意味を分かっていない場合が多い、メーカーの担当者は付いていればなんでも良いと思っている。

そもそも多くの建築家はエアコンの機種選定をメーカー任せにしているし、メーカーは安ければ最高なのでどうやって機器を選定するか自体を知らないことが多い。

機器選定をメーカーに任せると10畳の部屋には10畳用のエアコンを付けるのが当たり前だと選定される、建物性能は一切考慮されないので基本オーバースペック、電気代は高くなり機器代も高くなる、喜ぶのはメーカーだけ。

ビルなどの一般建築ではそれも通用するが(最近のZEBではそれも変わりつつある)住宅においてはエアコンの機器選定が快適性と経済性に直結するので、建物を設計した人が機器選定をしないと目的が達成出来ないのです。

この一条工務店のオーナーさんのように自身で全て理解する必要はなく、普段何気なく使っているだけしかし経済的で快適に生活が出来る選定をするのはプロの役目でしょう。

1度付けたら10年以上使うエアコンです少しこだわりましょう。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。