2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

住宅版BELS

今年の4月から住宅版BELSの制度が始まった。

これはその住宅のエネルギー性能を第3者が評価して認定しようという公的なもの。

今年のゼロエネ認定にはこの認可が必要になるだろうと言われている。

今まであったCASBEEみたいなものと思えば良いだろう。

最高評価は星5個★★★★★、CASBEEの時も思ったけど国は★表示が好きなようだ。

★5個が必要な性能は認定低炭素の10%Up程度なので、いつもの当方の仕様だと★15個以上になるが表記は5個、ぎりぎり★5個の仕様は正直言ってそんなに省エネにはならないけど・・・・・・。

救いは★の下に一次エネルギー削減率が表記される点、興味ある方はそちらを見た方が良いだろう。

しかし住宅版BELSを取るためにはお金もかかる、補助金申請等で強制すれば取得するだろうが、そうでない場合お金をかけてまで取得するには何らかのインセンティブが欲しいところ。

いずれにしても今後に注目です。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


雨でも

ある雨の午後完成間近、安茂里の家、太陽光モニター。

雨が降っていても発電はしている、当然晴れの日より発電量は圧倒的に少ないがゼロではない。

日中ゼロになってしまうのはパネルに雪が積もってしまった時だけだろう、晴れてさえいればその雪も落ちて発電をし始める。

太陽光発電売電金額も徐々に少なくなって費用対効果の考え方も数年前とは変わってきた。

最近の興味は現在の売電契約期間(10KW未満10年・10KW以上20年)が終わってからの売電金額がどうなるのか。

まだ何も決定してはいないが、一説には10円以下/KWだろうとの意見もある、こうなると売電するメリットは無く使ってしまった方が良い、そこで蓄電池の設置に補助金を出して、そちらの普及の手助けをしようという目論見。(あくまで一説です)

その時の蓄電池の金額によってはそれもアリだとおもう。

パネル自体は効率も落ちるしパワコンも交換時期が来るが発電自体はし続けるので、せっかく載せたのなら有効に活用してもらいたい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


地鎮祭

連休前、四ツ屋の家、地鎮祭が厳かに執り行われました。

天候にも恵まれ、家の繁栄・工事の安全を祈願させて頂きました。

完成は年末それまで暫くお待ちください。

オーナー様誠におめでとうございます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


GW休暇

世間的にはすでにゴールデンウィーク中ですが、弊社も明日から3日間連休を頂きます。

個人的には毎年恒例の田んぼ作業と、家族から軽井沢のアウトレットに行け、とプレッシャーがかかっております、何もこんなに混みそうな時にとは思いますが・・・・・。

因みにいつもの通り電話は出られますので必要な場合は電話ください、出られない場合は折り返します。

では、よい連休をお過ごしください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社