2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

TTP

TPPではありません、TTP(徹底的にパクル)。

建築って新しい発明があるわけではなく、すっきりとした材料の収め方や同じものでも太くしたり細くしたりの工夫の部分が大きい。

日頃から細部には気を使っているつもりではある、が他社の工夫に目から鱗が出ることもある。

そんなことで今回は埼玉の小林建設さん新モデルハウスへTTPに出かけます。

完全に好みの世界なのでパクル箇所、パクらない箇所、一定のレベルをクリアしている工務店さんから学ぶことは多い。

案の定、小林建設さんの社長はとってもマニアック、話の内容も筋が通っていて面白い、地域の人気店になるべくしてなっているのが良くわかる。

今回は有難う御座いました、参考にさせていただきます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


まいたけと長芋の大学芋風

毎週末にお邪魔する物づくり部 部長です。

今回は、春先が旬の長芋を使って簡単にできるサイドメニューの御提案

≪まいたけと長芋の大学芋風≫

材料  まいたけ1パック  長芋見た目まいたけと同じくらい 白ごま適量 みりん50㏄ 酒30㏄ 砂糖大さじ1 醤油大さじ1 だしの素少々(一つまみほど) 小麦粉小さじ1 揚げ油

① まいたけを一口大にし軽く小麦粉をふりかける 長芋は、拍子切り

② ①を油で揚げる(180℃) まいたけはさっと長芋は軽く色ずく程度

③ 鍋にみりん・酒・砂糖・醤油・だしの素を入れゆるいアメ状になるまで煮詰める

④ ③に②を入れからめて白ごまを振って出来上がり

簡単にできます。 まいたけをシメジやえのきに変えてもおいしいです。

 

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


地産地消

昔から仲の良い友人に510ファームという農業法人がある。

最近は誘っても行かなくなってしまったが、我が家の3姉妹も全員田植えでどろんこになり、稲刈りで真っ黒になったり、貴重な経験をさせてくれる仲間である。

その510ファームが地元のそば打ち同好会の名人達と篠ノ井に蕎麦屋をオープンさせている。

510ファームが松代の清野からソバの実を刈り取り工場でひき、名人達がソバを打ち茹でて提供している、本当の地産地消の姿がある。

只、本職の蕎麦屋さん達に遠慮してなのか店には看板が出ていない、一応営業中の板だけが入口に置いてある、話を聞いたらそもそも店の名前も無いらしい。

けど味は本物です(決して厨房を施工したから感じるのではない)、蕎麦の味にはうるさい信州人が納得する味、場所はJAグリーンパレス南、火~土の11:30~14:00の営業、蕎麦・うどん・各おしぼり・各カレー、品揃えは結構抱負、時間があったら是非寄ってみてください。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


東京駅

出張の際、何かと拠点になるのが東京駅。

と言っても今まで乗り換えで通過するだけで駅外には出る事はあまりない、が今回は駅舎工事が終わったこともあり駅外に出てみた。

と言うのも先日LIXILとの話の中で東京駅の外壁に使用しているタイルはLIXIL製(旧INAX製)で何やら特別なものなのだと聞いた、どうせなら一度見ておこうと思ったから。

結論から言うとサイズが特別なだけでタイル自体は特段珍しいものではない、メーカーさん相変わらず大袈裟だよ。

しかし東京駅自体は壮観でした、向かい側の新丸ビルあたりから見る駅舎は日本の玄関としては相応しいものでしょう、条例でこの近辺は新規の高いビルは建てられないので景観が乱れることもないでしょう。

地元長野駅も途中になっているスカイデッキ関連の予算が今年は計上されるらしい、詳しい全貌は知らないが長野の玄関に相応しい景観にして欲しいものです。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


25年度太陽光発電補助金

新年度の太陽光発電補助金額がほぼ確定したようです。

・kWあたり50万円以下で販売の場合 ⇒ 補助金1.5万円/kW
・kWあたり41万円以下で販売の場合 ⇒ 補助金2万円/kW

現在41万円以上するシステムは少ないので、KWあたり2万円、すると一番多い4KW程度のシステムだと8万円。

金額的には過去の補助金額から見ると見劣りしてしまう金額に見えますが、冷静に考えてみるとKWあたりの補助金が10万円の頃はパネル設置費が60~70万円でした。

4KWシステムだと設置費用が280万円なんて時代でしたので40万円の補助金をもらっても差し引き240万円。

現在の設置費用は約半額程度になっているので、設置費用が140万円補助金が8万円、現在の方が設置はし易くなっているのです。 

そこに市町村の補助金も重複する地域もありますのでまだまだ補助金は有難い存在です。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社



3.11

2年前になるんですね。

今でもあの衝撃的な映像は忘れられません、こと建設関係だけをみれば順調に復興している場所とそのまま手つかずの場所、一概に地方行政の責任でなく、色んな思惑が交錯して進みたくても進めないこともあるようです。

エネルギー関連では全国的に影響が出ていて、原子力の変わりの輸入燃料がアベノミクス円安により負担増、それに伴う電気料の増額が現実になりそうです、中電管内はまだのようですが時間の問題かもしれません。

同じく深夜時間帯の割引料金見直しが電力会社によっては始まり、電気料金の値上げとWアップで家計を圧迫するでしょう。

只3.11がきっかけになってしまっていますが、エネルギー問題は根本的に考えなくてはならない問題だったのです、この際風化させることなく実質的な議論が進み未来志向のエネルギー利用方法に進んでいかないものかと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社