新住協総会の翌日は神戸の里山住宅博へ。

個人的には総会よりこちらがメインと言っても良い。

里山住宅博は2016年、URの大規模造成地の一角に地元工務店が26棟個性あふれる、工務店でなければできない住宅を一定期間モデルハウスとして展示し、現在は売却され実際にお住まいになっている。

そのうち何棟かを大阪支部の方の尽力により見学できる杞憂なケース。

人気建築家の堀部さんの作品があったり、私の好きな趙さんの作品があったりとプロでなくても建築好きな方にはたまらない一角。

というのもUR造成の一角なのでこの住宅博以外まわりを見渡せば新規造成地にありきたりのローコストなのかプレハブなのかわからない、似たり寄ったりの建物しか見られないので住宅博は尚更目を引く一角になっている。

思うのは実力のある工務店が増えている点、何年か前まではローコストなのかプレハブなのかわからない似たような建物を造っている工務店は多かった(今でも多いが)、理由は簡単だから、しかし最近はデザインや性能等今までの工務店とは一線を画す家造りをする工務店が増えてきたと感じる。

そんな周りに負けじとこれからも引き上げていきたいと思わせる住宅博なのでした。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市で自由設計の注文住宅なら低燃費住宅専門の山本建設株式会社へ。
かっこいいのにエコで低燃費な家しかも強い。
自然素材で造るパッシブデザインでW断熱の高断熱高気密・床下エアコン・Q1.0・省エネ低燃費住宅の新築、断熱改修リフォームならお任せ下さい。