先日のベンチマーク工務店でもある福岡のエコワークスさんが完工の50%をLCCM仕様にすると目標設定された。

LCCMとはライフ(LIFE)・サイクル(CYCLE)・カーボン(CARBON)・マイナス(MINUS)の頭文字を取ったもの。

ごく簡単に言うと製作段階(資材の運搬エネルギーも含め)から生活を始め、何十年後かに訪れる解体処分まですべてのエネルギーの合算よりも、生活している間にソーラーパネル等で生み出されたエネルギーの方が上回る地球上のカーボン(Co2)をトータルで減らせる住宅の事。

もっと言うと、普通に何気なく生活しているだけで地球環境に貢献していることになるなんとも精神衛生上気持ちの良い住宅。

私が普段作っているZEH仕様もそれに近い感はあるが、LCCMだとZEHに加えて製作段階と解体処分のエネルギーも加味されるのでワンランク上だといえる。

そのLCCMを50%とは・・・・、恐れ入ります。

長野県-北信・東信の低燃費住宅専門会社、自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社