建築後2年が経過した杉ファサードラタン。

これぞ経年美化と言える風化の見本。

木外壁の場合はこのまま何十年も存在し続けることになる。

サイディング等の既製品は安価で施工も簡単なので使いたい気持ちはわかるが、いざ視点を経年から見たときは表面が劣化したりコーキングにヒビが入ったりして経年は劣化にしか見えないのが最大の欠点。

現時点での外壁材の中でほぼ30年間ノーメンテでいけるだろうと思われるのが、木・ガルバリウム・そとん壁。

ウッドロングエコは木材を最初から錆びさせて施工時から経年時の雰囲気を醸し出す、経年に違和感を感じる方はウッドロングエコも視野に入れても良いだろう。

因みに同建物の新築時が↓

これはこれで綺麗。

最近はこの時の色を保つための表面保護材もあるが、自然のものを無理に薬等で保とうとすると経年で変化したときにおかしな変化をしだす、自然のものは自然のまま風化してもらった方が綺麗だ。

長野県-北信・東信の低燃費住宅専門会社、自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社