稲田の家は基礎工事真っ最中。

基礎断熱材の上からファイバーネットを貼りモルタルを塗って外側は完成。

基礎工事が終わると設備屋さんが外周部に給排水埋設が始まる。

その後整地して足場を建てて上棟を待ちます。

基礎断熱は基礎の空間も室内空間として捉えるのでこの冬も凍結とは無縁、唯一の凍結事例がお風呂、循環口まで水を溜めておくのを忘れてしまい凍結したようです、建物が暖かいので忘れてしまいがちですがご注意を。

因みに稲田の家は夏に見学会開催予定、詳細は後日。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社