上松の家。

基礎断熱外周部分施工状況です。

この部分はコンクリートを施工してしまうと二度とお目にかかれない箇所なので絶対的に目視で確認が必要になります。

同時に重要なことが白アリ対策、外周部分は立ち上がりも底盤部分も常に白アリの攻撃にさらされる個所です、10数年前外断熱が始まったころは白アリ対策用の断熱材もなく大問題になりました、現在は防蟻用の断熱材があるので一安心。

それに加えて何重にもバリアすることにより防蟻10年保証の対象になりました、保証があるとないでは心の持ちようも違います。

それにしても耐震等級3を許容応力度計算で確保した基礎は地中梁が多い(へこんでいる部分)。

耐震等級といえば重要なことが。

同じ耐震等級でも簡易計算と許容応力度計算では雲泥の差が出ます、熊本の地震で耐震等級3の建物が被害を受けているケースは簡易計算によるものと既に報告も出ています、この件は長くなるので又後日。

基礎断熱の次は鉄筋検査となります。

長野県-北信・東信の低燃費住宅専門会社、自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社