夏のエアコンの続き。

モデルハウスならいざ知らず、生活していると室温は次第に上昇します。(冷蔵庫・炊飯器・TV・ポット・調理等、家電の影響が大きい)

お勧めはシーズン中エアコン24時間稼働(設定温度は時間により適宜変更)ですが、使わない方はどうしてるの?と関心のある方もいらっしゃるようです。

エアコンを使わないで過ごすには。

・温度が低い時間は窓を開けましょう、これだけ。

長野の場合今の時期でも明け方(5時前後)に22℃~24℃になります、この時間帯は窓を開けて外気温に近づけましょう、一晩中窓が開けられる場所があれば開けっ放しが良いかもしれません。

只開けっ放しは防犯と急な降雨を考慮してください。

そして7時前には窓を閉めましょう、それ以外の時間は窓を開けないように、外の熱い空気が入ってしまいます。

これで高断熱住宅の場合1日の温度上昇は2℃~4℃程度なので、一般的なエアコンの設定温度(28℃)以内で室温は推移することになります。

↓は実際住んでいるお宅の実測、右が外気で左が室温、朝だけ窓を開けて朝6時の室温が27℃スタートの場合。

と一見理想的に感じますが、全員出来るのか?と疑問も残ります、明け方の低温度ゴールデンタイム毎日開閉できるのか?一晩中窓を開けていられるのか?

毎日の生活リズムや温湿度感を総合的に考えて精神衛生上ご自身にあった生活パターンを見つけてください。

長野市・千曲市・上田市・須坂市・中野市・及びその周辺の低燃費住宅専門・山本建設株式会社、
自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、断熱改修リフォーム