そろそろ風が心地良い季節です。

春と秋、風が心地良いと感じる季節はなるべく窓を開けて風を感じましょう。

1年の内風が心地良いと感じる時間って実はそんなに多くない貴重な時期です。

問題は夏、夏も風さえ通れば快適なのですが最近の夏の風は全く快適に感じない、人間がなまくらになったのか風の質が昔と変わったのかは定かではありませんが、湿度を沢山含んだ熱風が室内に入ってきます、お世辞にも風が快適とは感じない。(温度の高い空気は飽和水蒸気量が多いので水分を沢山持てる)

上段のなまくらに通じるところがあって、日本人は夏場エアコンを使うことに罪悪感のある方が多いように思う、確かに昔のエアコンは凄く電気を使ったのでそのイメージが抜けないのだろうが最近のエアコンはシーズン電気代が5,000円~10,000円程度だろう、しかも24時間稼働で。(パッシブ設計されていることが前提)

24時間稼働に抵抗のある方もいる、そこで想像してもらいたい、日中暑いのでエアコンを可動する→室内の温湿度が快適になる→夕方になって風を入れたいとエアコンを止め窓を開ける→せっかく快適にした温湿度を外に捨て外から湿気が多く温度の高い空気を入れる→暑いけど我慢して扇風機なんかを回す→そして翌日の日中エアコンを入れる→エアコンはフル稼働するのでより電気を使う。

というようにエアコン使用の罪悪感を減らそうとエアコンを止めてみたものの、我慢を強いられ結局電気は余計に使ってしまうというのが現実。

ともかく今この時期は絶対的に風が快適です、積極的に風は取り入れましょう。

長野県-北信・東信の低燃費住宅専門会社、自然エネルギー利用のパッシブデザイン、W断熱・床下エアコン-Q1.0・Ua0.2省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社