2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

予算配分

住宅を建設する際一番大切なことは資金計画。

ひと月の返済は幾らになるのか、ボーナス月返済は(最近はボーナス返済は減っています)幾らになるのか、ここを間違えてしまうと建てた後の生活がつまらないものになってしまいます。月7万円前後が多いでしょうか。

そこをクリアすると次は限られた建設費をどのように使って住宅を建てるか?仕上げや設備・断熱等全てに高額なものを使用したらいくらあっても足りない。

そこから内容の濃い打ち合わせが始まります、私のスタンスは昔から余り変わっていません、先ず第一に建坪、無駄に大きな建物は必要ありません、必要なものが適材適所に配置されていれば結構少ない坪数で快適な空間は作れます。

次は交換の際、施工のやりずらいものから良いものを使っておく。

例えば土台・柱等の構造と開口部のサッシ、この部分は交換するのに壊さなければならない箇所が多く、同時に金額も多額になるので予算の中でなるべく良いものを使うようにしています。

逆に交換しやすいものは最悪、十数年後に交換することも可能ですから優先順位としては低く考えます、例えばシステムキッチンやシステムバス・トイレ設備等の設備機器、この類の商品は金額の高いものと低いもの、内容がそんなに違うわけではないと見ています。

何れにしても一つ一つの材料を建築士と良く打ち合わせをして楽しく住まい造りをしましょう。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


解体工事

今回の解体工事は土蔵。

土蔵の解体時には中に年代物の品が置いてある場合があります、今回も箪笥や作業道具などそのお宅の歴史を物語る品々があります。

当然御施主様と必要なもの、処分するものを打ち合わせをして仕分けします。

今回だけに限ったことではなく一般的に解体工事にはどこか哀愁を感じます、特にお父さんの表情には、これからの子供達の未来を期待する感情と同時に、自身子供の頃から慣れ親しんだ建物が解体されていく寂しさが口には出されませんが伝わってくるようです。

こんな時私達の携わっている仕事が、一世一代のいかに重要な事業なのかと言うことを改めて感じさせられます。

哀愁を大きな喜びに変えられるように進めてまいります、これからもよろしくお願いします。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


地鎮祭

朝は結構な寒さでしたが、日中太陽が当たる場所は気持ちの良い温度です。

個人的なジンクスなのですが、地鎮祭の日が晴れると上棟日も晴れる確率が高いと思っています。(完全に経験則、根拠はありません)

ですから上棟の日も晴天になるでしょう。(言い切って大丈夫か?)

因みに地鎮祭とか上棟は一般的には大安や友引に行われることが多いのですが、ひとつ注意が必要になります。

大安や友引とは別に三隣亡という日が暦の中にあります、三隣亡とは字の如くこの日に何かを始めると三件隣まで厄を及ぼす、と言われている日です。

言い伝えや迷信と言われるもので、信じる人は信じるし、信じない人は全然気にしないと言った類のものなのですが、私達の立場からすると無視するわけにはいかない日として地鎮祭や上棟は避けるようにしています。(昨日は大安ですが三隣亡でした)

最後になりますが、改めまして地鎮祭おめでとうございます、これからもよろしくお願いします。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱Q=1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


省エネ・健康ゼミ

先週、信州大学にて「省エネ・健康視点による住まい造り」のゼミが開催されたので出席してきました。

今回は慶応大学の伊香賀教授が断熱性能の高い住まいは、健康に住むことが出来るということをデーターを基に解説していました。

色んなデーターが出ましたが一例として、上図は入浴事故死が年間14,000人、交通事故死の約2倍起きているらしい、最近の調査から単純に心疾患が原因ではなく入浴中に熱中症になることが解ってきたらしく、熱中症の原因は湯温の高さだと言うことが判明したらしい。

そこで調べてみると断熱性能の高い家に住んでいると、脱衣所なども一定の室温に保たれているためにそれほど風呂の湯温を高くせず、逆に脱衣所で服を脱ぐときに室温が低かったりすると湯温を高く設定してしまうことが統計上多いとのこと。

そして湯温を高くすると熱中症や心疾患の危険性が増える事をデーターで説明されていました。

なるほど、何となく感覚的には理解できます、他にも色んなデーターを基に説明されていましたが、物事の切り口が多彩なことに驚きます。

やはり色んな人の話を聞くのは何かと参考になることがあります、これからも可能な限り各方面の人と話をしてみようと思います。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用、W断熱省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


1+1=2

1+1=2、簡単な足し算です、田んぼの田ではありません。

ごく当たり前の計算ですが、人間の歩みは常に1+1が2になるとは限りません。

この年になるまで自身も含めていろんな人を見てきました、営業マン時代が一番色んなカテゴリーの人と会ったかもしれません。

営業の世界って一番その人の性格・人格が表れる仕事だと思います、それこそ1+1を4にも5にもしてしまう人がいれば、常に1+1=2をキープできる人。

私が尊敬するのは1+1=2をキープする人、歩みは遅いかもしれないけど確実に実績を上げて前進する人、簡単に見えるかもしれませんがこれって本当に難しい。

1+1を4や5にしてしまう人って一見凄い成績を上げているように見えるけど、そのペースを続けられる人に会ったことは無いし無理だと思う、4や5の時もあるが1+1が0.5や1の時もあり、そんなとき見栄えだけのためにインチキ臭い契約を取ってきたりする。

販売すればそれで良しの商品ならいざ知らず、住宅という性格を考えるとそれはあってはならない、歩みは遅いかもしれないが住宅の場合は1+1=2が最高の進み方だと思う。

その一つが昨日のブログにもいえるのかもしれない、一歩一歩遅くても良いが着実に前進して行くことを心していこうと思います。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用外断熱省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


趣味

貴方の趣味は何ですか?

日常良くある遣り取りであります、昔はなんて答えたらいいのだろう?と思っていました。

実際趣味という趣味は無いに等しい、興味のあるものは結構ある、車・電化製品・スポーツなど好きではあるが趣味といえるのか疑問である。

そんな状態なので最近はご多分に漏れず、仕事が趣味みたいなものですね、と答えることが多いのだが、その時の答えが大体二分することが多いことに最近気づいた。

ひとつは、凄いね仕事が趣味と言えるなんて。もう一つが、つまらない人生だなー。

大別するとこの二つになるのだが、最近自分より若い方が凄いなーで、年配の方に多いのがつまらないねー、という人が多いのに気がついた。

先日などはある先輩から、だから駄目なんだよおまえは、つまらねーなー!ぐらいの勢いの話になったのである、先輩は趣味を持て!と、言わんとしていることは良く理解できるし間違ってはいないとも思う。

がしかし最近、趣味が仕事って素晴らしいのではないか、と思い始めている自分がいる。

例えば間取りを考えているときや建物のデザインを考えているとき等は時間を忘れて没頭していることが多い、これこそ趣味なのではないか?と思い始めている。

ひとたびその現場が始まれば、今日はどこまで進んだかなー、床貼れたかなー、サッシ付いたかなー、と進行も又楽しい。

これを趣味といわずして何が趣味だと言うのだ、と思うが唯一の心配点が施主様に、俺の住まいを趣味で建てているのか?と思われないかが心配。

皆様、そこはひとつ良い住まいを造る事に繋がるのでご理解頂きお許し下さい。

長野市・千曲市近郊で自然エネルギー活用外断熱省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社