2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938
TOP > 低燃費な家づくり

低燃費な家づくり

「快適」で低燃費な
住まいにこだわる

快適な住まいで暮らしたい、家造りには当たり前の希望なのですが、何をもって『快適』と考えるか、この共通認識が無いとピントのぼやけた家造りとなりかねません。

弊社の考える『快適』な住まいづくりの定義は

家全体が一定の温度となり、その快適温度を得るためのエネルギーが出来るだけ小さい家

結果低燃費(低光熱費)で住み続けられる家

そんな住まいを『快適』な家、と考えます。

「快適」で低燃費な住まいにするために

断熱性能にこだわる

「断熱性能に優れているので冬は暖かいですよ。」
「断熱等級をクリアしているので問題なく住めます。」
最近当たり前のように聞く台詞ですが、弊社には
「数年前に新築を建てたが住んでみたら寒いのでリフォームしたい」
「新築なのに暖房費がかかりすぎるので何とかしたい。」
という相談がよく来ます。
暖かさは目に見えないのが一般的ですが、専門的には住まいの断熱性能は熱移動です、熱移動は物理なので断熱性能は数値として客観的に見ることが出来ます。
弊社では全棟性能計算して断熱性能値、それによってかかる光熱費の根拠をお見せしています。

パッシブデザイン
にこだわる

パッシブデザインとは、太陽の熱・光、風等自然に存在するエネルギーを活用して設計に取り入れることです。
土地の大きさ・方角・形・周辺環境に合わせて一棟一棟設計します。
パッシブデザインのおおまかな要素は

日射取得
冬は日射をなるべく取り込む為の窓と軒の出(庇)の設計をします。
日射遮蔽
夏は室温上昇を防ぐため、日射を遮蔽する窓と軒の出(庇)の設計をします。
通 風
立地条件を踏まえた上で、建物内での風の流れを予測、窓の高さ・位置・大きさを考えて設計します。

設計にこだわる

STEP1とSTEP2を基本としプランニングを始めます。

自然素材に対するこだわり

木造住宅は基本構造が自然素材で作られます、せっかくそんな木造住宅で建てるのなら、合板のフローリングやビニール貼りの建具、ビニールクロス等の新建材を使わずに、内装も自然素材にこだわりたい、そんな思いから床・壁・天井・建具等に自然素材を使用します。

外構は間取りと共にプランニングする

せっかくの注文住宅も外構と建物を別々にプランニングしてしまうと住まいの魅力が半減してしまいます、外構・植栽・アプローチ・駐車スペースは建物と同時にプランニングします。

床下エアコン

低燃費な住まいにするためには暖房方法も重要です。
現在、世の中に存在する暖房機器の中で一番エネルギー効率の優れた暖房機器はヒートポンプ技術を用いた高性能エアコンになります。
一般的にエアコンは室内の壁に設置しますが、壁に付けてしまうと床まで暖気が届かず足下の温度が上がりきらず、又遠い部屋にも暖気が届きづらく家中を一定の温度に保つのが難しくなります。
弊社では床下にエアコンを設置して壁付けのデメリットを解消し、1台のエアコンで頭寒足熱の理想的な環境にすることを実現しています。

可能な限り小さく創る

「昔から住んでいる家が60坪だったので、新しい家も60坪くらい欲しい。」
相談時にそんな要望をよく聞くことがあります、しかしよく聞いてみると60坪のうち実際に使っているのは20坪程度というのはよくある話です。
廊下と部屋だけが多い家はそのようになりがちですが、低燃費な住まいにするとオープンなプランニングが可能になり、無駄の無い本当に必要なスペースをプランニングすることによりコンパクトだけど快適に広く暮らせる住まいとなります。

低燃費専門とすることで低価格に

建物の価格は大別すると【材料】・【人件費】に分けられます。
年間通して低燃費用の断熱材・自然素材の内装材を購入し続けることで仕入れ値を抑えることが可能になります。
人件費も年間通して共通した施工方法をすることにより効率的で時間短縮となり人件費の抑制に繋がります。
そうすることにより高性能な住まいを低価格で提供出来ることに繋がります。

オンリーワンデザイン

新興住宅地を見ると同じような形の同じような材料を使った(色だけが違う)画一的な建物が大半を占めます。
私たちはそのような画一的なデザインとは一線を画す、これぞ注文住宅というオンリーワンデザインの住まいづくりを目指していきます。

PAGE TOP