2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

吸放湿

dsc_1340

モデルハウスのフローリング。

見事に隙間が空いてきました。

室内が乾燥気味になるとフローリングが蓄えている水分を放出するのでその分材木は縮みます、それが隙間となって表れるためです。

逆に湿度の高い時期になると室内の水分を吸うのでこの隙間はなくなります。

しかも30㎜フローリングなので薄いフローリングより収縮率も大きいため隙間は大きくなります。

1年中このように水分を吸ったり吐いたりして室内の湿度を一定に保とうとしてくれています。

隙間にごみが入るのよねー、と聞くこともありますがそのデメリットを補って余りあるメリットが無垢のフローリングにはありますので何卒ご理解願います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


住宅ローン2

o0638035412930594708

では自分はいくら借りられるのか?

所得制限等年収でも制限はあるが今回は返済金額から計算してみましょう。

一番多い例が今住んでいるアパートの家賃を基準として考えることが多い。

現在の家計でアパートに7万円支払っている、今後もその程度の支払いなら続けられるのか、もっと多く支払っても家計上は成り立つのか、現在の支払いが厳しいので減額する、ここは家族会議が必要なところ、場合によってはこの段階でFPに相談するのも手である。

そこが決まれば上の表の見方、表は金利と返済期間による100万円あたりの返済額の一覧表。

例えば1.0%で35年返済の場合は2,823円とある、100万円あたりの表なので1000万円借りた場合は0を一つ足して28,230円、2000万円の場合はその倍なので56,460円の返済が35年ということになる。

アパート7万円を基準にすると70,000÷2,823=2479万円が借り入れる金額となる(1.0%35年)

これをもとに返済金額と借入金額のめどをつけるとわかりやすいかもしれない。

それと余談だが0.0%の金額と1.0%等狙っている金額との差額が実際の金利の価格となる。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


住宅ローン

loan001

住宅を建設する際大抵の方が住宅ローンを使用すると思う。

しかし普段住宅ローンに接する機会もないのでイマイチ理解していない方が多い。

一般的に民間の住宅ろーんはこのくらいの種類になる。

※固定金利型・返済金額が全期間固定なので安心ではあるが金利は高い

※変動金利型・住宅ローンの中で最低金利がこのタイプ、社会情勢によって返済金額が変動することがあるので注意が必要。

※固定金利期間選択型・3年固定、10年固定のように固定期間が過ぎると変動金利となるタイプ、変動と固定のいいところを合わせたと銀行は言うが個人的には一番メリットのない返済方法に感じる。

※フラット35・基本的には全期間固定型だが高性能住宅には国の補助が入るなど政府系の融資、場合によっては変動金利と同じようなパフォーマンスを産むことがある。

実際のところ現在は、変動金利型かフラット35の2択といっても良いだろう、最低金利をとるか安心をとるか判断はお任せします。

次回は、いくら借りた場合毎月の返済はいくらになるのか、簡単な計算をしてみます。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


大詰め

dsc_1311

四ツ屋の家も大詰めを迎えている。

現在は塗装工事の下地パテ処理の真っ最中。

クロス貼りも塗装仕上げも下地が一番重要。

下地処理で仕上がりの8割は決まってしまうといっても過言ではない。

今日も真っ白に粉まみれになりながら塗装屋さんがパテをしごいていた、ご苦労様です。

塗装が終われば照明器具・建具・水回り機器・トイレ等設備が一斉に設置される、そこまでくれば完成は目前。

完成見学会の日程も決まったら発表します。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


職人の底力

9

福岡の道路陥没が修復終了しましたね。

原因や責任はともかく一週間で復旧するには日本の職人さんの底力を見た気がします。

旗を振ったのはゼネコンなのか役所担当者なのか詳しくは知りませんが、実際に施工するのは職人さんです、この段取りは並大抵ではなかったはず。

しかも他に仕事の予定が入っていたはず、事情を言って先に入っていた仕事を断ってきているはず、頭が下がります。

実際私もそう、偉そうに(?)旗を振ってはいるが職人さんがいなければ建物は完成しない、しかも弊社の注文は特殊な収まりが多い、それを文句も言わず黙々と仕上げてくれる、頭が下がります。

福岡の陥没復旧、この仕事を一週間足らずで完了させられるのは世界でも日本だけでしょう、てことは日本の職人は世界一と言ってもいいのでは。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


準備完了

dsc_1312

明日の上棟に向けて、土台を敷いて、足場を立てて、準備完了。

天気も大丈夫そうだ。

しかし本当に心配なのは、風、少々の雨は作業的に問題ないが上棟時の強風は大問題。

今の上棟は殆どのものをクレーンで吊り上げるから風が一番の大敵。

快晴無風を希望します。

長野県-北信・東信で自然エネルギー利用パッシブハウス、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社