2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

外断熱が良い?

少し前、久しぶりに外断熱関連のご相談を頂きました。

「内断熱より外断熱の家が暖かいと聞いたので外断熱で考えている。」

この件は数年前確かに話題になり、その手の書籍が出版されたことで論争になりましたが、最近では温熱環境設計に詳しい建築家や工務店の中ではすでに「外断熱だからOKなのではなく、外断熱でも充填断熱(内断熱の事、正確にはこう呼ぶ)でも断熱材の種類・その厚さ・その施工方法、が重要であり断熱の場所は関係ない」との結論が出ている事柄なのです。

(マニアック解説-因みに外断熱も正確には、外貼り断熱、と呼び最近の弊社標準仕様のようなW断熱の場合は充填断熱の外側に断熱材を追加すると言う意味合いで外側の断熱を、付加断熱、と呼ぶ)

(マニアック解説Ⅱ-温熱環境設計に詳しい人たちの認識とは、鎌田教授の下に集まった新住協、森みわさん松尾さんをはじめとするパッシブハウスジャパン、野池さんの自立循環型住宅研究会、Forward1985、パッシブデザイン協議会等、日本中の専門家の共通認識となっています、現在外断熱のみを推し進めているのはごく一部の団体のみとなっています)

専門家としてそのことをなるべくわかりやすく説明させていただきました、外張りでも充填でも結局は熱損失係数で判断すること、外張りの方が有利なのは壁内結露、気密性能は施工次第、燃費を低くすることを考えると外張りだけでも充填だけでも足りないので必然的に外張りと充填両方のW断熱になってしまうこと等。

いきなり全てを理解するのは難しいかもしれませんが、まずは興味を持って大事なことだと認識することが大切だと思います、ネットや掲示板のような出所不明な情報に踊らされることなく理解を深めて欲しいと思います。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


赤沼の家

次回作、赤沼の家。

お施主様と打ち合わせを重ねたどり着いたこだわりどころ満載な夢いっぱいの住まい。

家族4人が集まれる家、同じ空間にそれぞれ居場所が有り絶妙な距離感が保てる。

当然、低燃費もこだわりの一つ、ペアガラスとトリプルガラス複合のシミュレーションもされている。

熱損失のQ値は1.15W・太陽光パネル搭載で国交省認定ゼロエネルギーハウス、家中全てを20℃にした場合年間暖房用電気消費量が1,624KW(冬期効率ダウンを見越してエアコンCOP3.0として計算)。

秋に完成予定です、楽しみな住まい作りがまた一つ始まります。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


ペア・トリプル

各社トリプルガラスが出そろってくると、次に気になるのがガラスの種類。

ペアガラスでもトリプルガラスでも大きく分けると遮熱型か断熱型。

Low-e金属膜によって遮熱・断熱を使い分ける、トリプルは金属膜が2層になるのでその効果も大きくなるが気をつけたいのが断熱型の場合。

断熱型を使うのが主に南面、南面は冬の日射をなるべく室内に取り入れたいので日射熱透過率のなるべく高いガラスを選びたいから。

逆に東・西・北は夏の室温上昇を抑えるためになるべく日射熱透過率の低いガラスを選びたい、偶に、冬の西日も少しは室温上昇に役立つのではないか、との話題が出ることもあるが、冬の西日程度の熱量では室内が暖まるほどの力はない(ゼロではないが)、だったら夏のあの西日をなるべく防いでくれた方が効果が高い。

そこでQpexを使いシミュレーションしてみると年間暖房電気使用量が一番少なくなるのが、南側はペアガラスの断熱タイプ透過率0.64(太陽の日射そのまま取り入れると1.00)、東・西・北がトリプルガラスの遮熱タイプ透過率0.32となります。

やはり冬場の日射を取り入れることが大切なことがわかります。

Q値だけを見るとオールトリプルにするのが一番数値は良くなるのですが、目的がQ値を競争することではなく、住んでいる限り必要な光熱費を安くすることが目的なのでその建物の一番良いところを見つけることが必要になってきます。

場合によっては南側の窓はLow-eですらない、一般ペアガラス透過率0.88に夜間ハニカムサーモスクリーン使用して、暖気漏出を防ぐのが一番低燃費になったりします。

明日はそのペア・トリプル複合をシミュレーションした次回作を紹介いたします。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


LIXILも参戦

昨日LIXILからニュースリリースが発表になりました。

http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/010_door_0421_01.html?tc=rss

LIXILもとうとう樹脂トリプルサッシの販売を始めるようです。

これで国産の高性能サッシは、シャノン・YKK・LIXILの三つ巴となり性能向上競争になるか、価格競争になるか、いかにメーカーが本気になるか興味のあるところです。

只、現段階ではLIXILがどの程度の性能を持って発売されるかが全く未定、最高性能を確保すると言ってはいるが、現在の主力商品「サーモス」を発売した時も高性能だと声高らかに宣言したにもかかわらず発売されてみると、さほどでも無かった、という実績があるので注意深く見守ろうと思います。

建物の高性能化にサッシは切っても切れないパーツです、国産のメーカーが本腰を入れてくれることは大・大歓迎です。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


躯体検査立ち会い

今日は躯体検査の立ち会い。

JIOの検査員に構造・耐震・防水等を見て回ってもらう。

JIOの検査員は年中検査をやっている人なのでそんな人との会話も楽しいものである。

特にJIOは防水も見るので有り難い、色んな防水方法、止水方法マニアックな会話に花が咲く、弊社では当たり前に施工しているベランダFRP防水下の通気措置はやはり対応していない会社が多いらしい。

躯体検査が終わると間仕切り等造作が本格化になってくる。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社


外部塗装

OB客様から一本の電話が入った、「訪問販売の塗装業者が来て、お宅の外壁は古く、水が入って建物を駄目にしてしまうので外壁の塗装をした方が良い、と言って見積もりを置いていったがこんなにかかるの?」

早速伺って見せてもらうと400万円!、なるほどこの金額から特別だとか言って100万円以上値引きするのであろう事は容易に察しが付く。

ざっと見積もってもこの1/3もかからないであろう事、水が刺して建物を駄目にするほど傷んではいない旨を伝えると納得されたようで私も一安心。

後日、気にはなってはいたしその金額なら施工しようか、てことになり屋根と壁・雨樋・軒天・ベランダの塗装をさせていただくことになりました。

一時期よりは減った感じですが、塗装・太陽光・等の訪問販売はまだいるようですのでお気を付け下さい。完成↓

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム     山本建設株式会社