2020年までにZEH(ゼロエネルギー住宅)50%以上を目指しています。

山本建設株式会社

お電話でのお問い合わせは フリーダイヤル 0120-600-938

新着情報

建築研究所

ブログ開始以来、始めて2日間更新できませんでした。

実はつくば市の建築研究所に出張していました、ここは国交省の独法機関でありこれからの省エネ基準を定める中心的な存在になります。

敷地内に日本初のLCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)も建設されており早速視察です。

住宅の建設時、居住時、廃棄時において省CO2を追求し、かつ太陽光発電などを利用し再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2排出量も含め生涯でのCO2収支をマイナスにする住宅です。

とは言っても難しい技術が使われているわけではなく、風の流れを考えたパッシブ要素、LED照明、高効率ヒートポンプ、地元材の使用等、現在考えられる装備をフル装備してあります。

建物自体は誰でも建設可能な中断熱程度なので断熱化が得意な場合はもっと効率が上がるでしょう。

実はこの建物よりもこの敷地内にはもっと興味の湧くものが沢山、例えば下の写真などはサッシとガラスの性能実験場、全て種類の違うサッシやガラスが嵌め込まれて日射透過率の実験をしています、こんな事は国の機関でなければ絶対に実験できないでしょう。

他にも盛り沢山、マニアには堪らない施設です。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


見学会御礼

週末の完成見学会、滞りなく終了いたしました。

快く見学会の開催にご協力いただいたオーナー様には改めて御礼申し上げます。

天候自体はあいにくの天候でしたが、室内の快適さが引き立って逆に良かったのかもしれません。

ほぼ全てのご来場の方から、関心の声を頂くか、この環境は信じられないと感嘆の感想を頂いて嬉しい限りです。

室内の温度環境は実際に体感してみなければどんなに説明しても解りづらいものです、今後もオーナー様のご協力を得て見学会を開催したいと思いますので是非ご来場下さい。

因みに次回は夏の見学会を計画中です。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


にゅう麺 (ポーチド・エッグ入り)

毎週末にお邪魔する物づくり部 部長です。

この頃、休日の朝食にそうめんを使ったにゅう麺を良く作っています。ポーチド・エッグは、月見そばやうどんの様に白身がだらしなくならないし、半熟卵の様に黄身の部分を半熟にするのも簡単にできます。

《にゅう麺》ポーチドエッグ入り  

ポーチド・エッグ  たっぷりのお湯1.5ℓにお酢50㏄と塩小さじ2を入れて一度沸騰させて弱火にし、生卵を一度器に入れてからゆっくりと鍋に入れ2~3分ほど弱火で煮て取り出しおいておきます。

にゅう麺のつゆ  みりん大さじ1 日本酒大さじ2 だしの素小さじ1 砂糖小さじ1 麺つゆお好みの味の濃さに調整してください 

にゅう麺のつゆに油揚げを入れて味を付けるために軽く温めておきます20~30分ほど(煮詰まらない様に水で調整してください)

わかめやごまネギ等を入れてお好みでどうぞ

器は中華用ですが味は、家族に好評です特にポーチド・エッグ

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社

  


チラ見せ②

明日の見学会会場ほぼ施工は終了して全体クリーニングをしております。

これから仕上げの自然油塗り、塗る前に写真を撮ってみたのですが、写真ではイマイチ木目が浮き出てこない、なので内部チラ見せは止めておきます、明日直接ご覧下さい。

てな事で玄関先をチラ見せ、伝統木造のテイストに最新のテイストを入れ良い感じのモダン和風に仕上がっています。

明日・明後日、10:00~16:00、となります、工務店の手作りこだわり住宅をご覧になって下さい。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


小さなこだわり

床下ヒートポンプの室外機。

何年前かは忘れてしまったが、エアコンを当たり前に住宅に設置し始めた頃エアコンの室外機は外壁固定の持ち出しブラケットで外壁に固定していた。

すると何件かのオーナー様から、夜静かになるとモーター音が決して大きな音ではないが不快な音がする、と相談があった。

どうやらエアコン室外機の可動音が外壁から室内へ伝わって低音障害を起こしているようだった。

それからというもの室外機は地面置きに拘っている、どうでも良いと思う人がいるかもしれない小さな拘りです。

因みに今回は正面にブロック塀があるため少し持ち上げて設置です、排気が上手く流れないと、自分が排出した冷風を自分があびて凍り付き止まってしまう場合があるのです。

床下ヒートポンプの場合、家中に暖房機はこの一台のみなので、存分に仕事をしてもらう環境を整えてあげましょう。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社


チラ見せ

週末の見学会現場、リビングより吹き抜け上部を見上げた写真です。

現在会場は建具取付、トイレ等設備取付、照明器具取付の真っ最中、建築現場って最後2週間で見違えるように完成していきます、今までの何ヶ月間は何をしていたのかと思うこともあるでしょうが、今までの何ヶ月間があるからここ2週間で見違えるように完成するのです。

残るは全体クリーニング、自然油塗り、床下ヒートポンプの調整等をして週末の見学会に備えます。

天気は良くないようですが、冬の体感をしてもらうには丁度良いのかもしれません。

それでは週末お待ちしています。

長野県-北信・東信で自然エネルギー活用、W断熱-Q1.0省エネ・低燃費住宅の新築、リフォーム
                                                                                    山本建設株式会社